第三の性格って?


どうせ性格は変わらない。」

クライアントからの言葉です。

そんな時

「そうですね。なかなか変わりませんね。」

というのか

「そんなことはないですよ。変わりますよ。」

というのか

「どうしてそのようなことを言われるのですか?」

と内容を掘り下げたり

応えはその時の状況やクライアントの気持ちを考えて選択します。

また、上記の応えのほかに、私がよく応えるのは

「そうですか。うーんでも第三の性格というものもありますよ。」

と。

大切なもののために性格を変える。

これはおそらく可能です。

性格といえば、私が学生だった数十年前は「遺伝」か「環境(教育)」かの議論でした。

近年はどちらでもない「第三の性格」が存在するとされています。

パーソナリティ科学の研究や調査が進み、

「私たちは大切な何かを達成するために、遺伝的なパーソナリティーを超えて自分を変化させることができる。」

となっています。

もちろん、その研究は諸外国で行われ、文化的、種族的背景も考慮しなけれがなりませんが、性格は変えることができるというものです。

そして自分の意外な面を知り、本当の姿を深く理解できるようになると、幸福の求め方が変わってくると。

「第三の性格」 これを知ることは、幸福な人生を自分でつくることにつながります。

参考文献   ブライアン・R・リトル 著 「ハーバードの心理学講義」 大和書房


 おススメの記事 

 おススメの記事 

©2016 L'Air de Rien Ashiya

  • White Facebook Icon